5/202014

アンチョビ日記。

こんにちは。

先日、美味しそうなヒコイワシを仕入れたので、自家製アンチョビを作ってみました。
アンチョビとは、ヒコイワシの頭・内蔵・骨を取り除き、塩で長時間マリネし、醗酵・熟成させた後、オイル漬けしたものです。「素材」として使われるのではなく、「調味料」として、ひろく使われていますよね。

20140520-100507.jpg

20140520-100530.jpg塩をした後は冷蔵庫にて一ヶ月。取り出していじりたくなってしまいますが、慌てず、騒がず、時が来るのを待ちます。店のカレンダーには、一ヶ月後のその日を「アンチョビ記念日!」と記し、指折り数えちゃってました。

20140520-124829.jpgじょじょに水分が出てきて、身を触ると干物のようにかたくなってきます。この水分をさらに別容器で醗酵させるとナンプラーになるそうです。
そうだったのか!

ついに一ヶ月後のその日。。
待ちに待ったぞー!海水程の濃度の塩水で優しく洗い、取りそびれたヒレや骨などを丁寧に取り、水気をよく切ってオリーブオイルに浸したら…
そこからさらに一週間我慢。

20140520-125703.jpgくぅぅぅっ!
やっと出会えました!自家製アンチョビ!!
このまま一年位は保存が効くようですが、まずは出来たての味をいただきます。
むむ…、塩気は少し強めに感じるものの、まだまだフレッシュさの残るアンチョビを食べたのは初めて!これは……美味しい!

自家製アンチョビを使ってこれからどんな料理を作っていこうかな。
楽しみ楽しみ!